新人は雑用から | 転職や新卒で就職先を探す際に把握しておくべきこととは
2人の女性

新人は雑用から

出版の求人に応募して、採用されたら編集者として働くことができます。
新人の編集者の場合は、実務だけではなく、雑用をこなすこともほとんどなので、その両方の業務に追われる形になります。
憧れの出版業界の求人に応募して、採用されたからといって、すぐに実務に入るわけではありません。
既に働いている先輩達の仕事を補助することから始まります。取材する際に同行したり、外部のライター、外部のカメラマンに依頼をしたりします。
ファッション雑誌を制作する場合は、写真がとても重要になるので、まずはカメラマンに依頼します。それから、モデルを雇う必要もあります。
このような雑用だけではなく、食事の買い出しなども行う必要があります。

出版業界の求人の中で、編集者は一番大きい存在ですが、新人の場合はまずは誰でも雑用から入るものです。
雑用を地道に続けていくことで、信用を得ることができ、本に関する編集を任せてもらうことができます。
出版の求人に応募する際に気になるのが、上司です。
優しい上司、教えるのが上手な上司だと、働きやすい環境になりますが、そのような上司がいることは少ないです。
新人をこきつかう上司もいれば、すぐに怒鳴る上司もいます。また、逆に何も指示することない上司もいます。
このような上司に、新人の場合はついていく必要があるので、体力的にも精神的にもきつい部分があります。
それを乗り越えていくことで、出版業界で活躍していくことができるのです。

Copyright© 2015 転職や新卒で就職先を探す際に把握しておくべきこととは All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com