基礎知識 | 転職や新卒で就職先を探す際に把握しておくべきこととは
2人の女性

基礎知識

編集者の求人は、出版業界を代表するものですが、求人に応募する前に、出版に関する基礎知識を持っておいたほうが良いです。
基礎知識として知っておきたいのが、本の制作工程です。
製作工程は、まず編集者の企画から始まります。それから執筆に入り、編集、入稿、校正、印刷、製本という流れで本が完成するのです。
基本的には、1人の担当者が1冊の編集を担当します。編集者は1人ですが、その編集者が多くの人に指示を出して、作業は行われています。

本を制作する上で、最初に行うのが企画です。
企画を立案する場合は、書店で販売されている状況調査や、読者の状況を調べて、どのような本が人気なのか、どのような本を販売したら売れるのか、などを考えていきます。
よく企画会議が行われるのは、雑誌の編集部です。この企画会議では、編集者が出しあった企画の中で、それから良いものだけを、実効するというものです。
企画ができたら、次はライターの候補を決めていきます。
一口に本と言っても、様々なジャンルがあります。そのジャンルに詳しい人、ジャンル関連の本を執筆したことがある人、新規、などの視点からライターを決めていきます。
雑誌の場合は、文章だけではなく、カメラマンの選定もする必要があります。
この流れだけでも、編集者、ライター、カメラマンの3つの求人があることがわかります。

出版の求人に応募する場合は、このような出版に関する基礎知識を持っておくと役立ちます。
ライターが記事を書いたら、次はその原稿の整理を行います。
整理の流れとしては、企画に合ったような内容か確認して、相違点がある場合はライターに原稿を戻して、加筆や修正を行います。
一度で原稿が完成することは無く、何度もライターとやり取りすることが多いです。
それから、同じ本の中での感じやひらがなを統一していきます。
最終的には、台割り、割付、指定紙を行います。
出版業界には様々な求人がありますが、それぞれの仕事がこのように活躍しているのです。

Copyright© 2015 転職や新卒で就職先を探す際に把握しておくべきこととは All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com