編集者の仕事 | 転職や新卒で就職先を探す際に把握しておくべきこととは
2人の女性

編集者の仕事

出版業界の中で、大きな存在の求人があります。それが編集者です。編集者は、本が完成するまでの一連の流れに携わっています。
出版社で働いている編集者もいますが、出版社の下請けの編集プロダクションにもいますし、フリーランスの編集者もいます。
それぞれ求人がありますが、仕事内容が変わってくるのでその部分を理解しておいたほうが良いです。
初めて編集者として働く場合は、小規模の出版社、編集プロダクションに求人応募すると良いでしょう。
その理由は、このような求人の場合は、自分で本を作り上げていくことができからです。1人で記事を作成して、写真やデザインなども全て自分で行い、本を完成させます。
そのため、時間もかかりますし労力も非常に必要です。しかし、小規模の出版社や編集プロダクションはこのように1人で作り上げていることも少なくありません。
このようなことを、一度体験しておくことで、これから編集者として働く上で必ず役に立ちますし、本を完成させるための大変さを実感することができます。

出版社の場合は、編集プロダクションなどの外部に作業を依頼していることが多いです。
主な作業は外部に依頼して、編集者は企画を考えたり、経費や予算をとったりします。
出版社の場合は、編集プロダクションに依頼しますが、編集プロダクションの場合は、フリーランスのライターやカメラマンなどの外部に依頼します。
外部に依頼するので、1人で本を完成させるよりも時間や労力は分散させられますが、その分人を扱うための技術が必要になります。

Copyright© 2015 転職や新卒で就職先を探す際に把握しておくべきこととは All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com