キャッチコピー | 転職や新卒で就職先を探す際に把握しておくべきこととは
2人の女性

キャッチコピー

出版の求人は、編集者、ライター、カメラマンなどが代表的ですが、ライターの中には、コピーライターという求人があります。
コピーライターのコピーとは、広告のことを言います。
一口に広告と言っても、様々な媒体で存在します。テレビCM、パネル、雑誌、ウェブなどで広告があります。
その広告のキャッチコピーを考えるのが、コピーライターの求人内容です。
キャッチコピーは、基本的に長文ではなく、数文字程度で表現します。その数文字で、どれだけ多くの人にインパクトを与えられるかというのが重要になります。
キャッチコピーを見て本を手に取る人もたくさんいるので、それほどコピーライターは出版業界の中で大きな存在なのです。

コピーライターは、出版の求人だけではなく、広告の求人や、制作プロダクションの求人にもあります。フリーランスで活動しているコピーライターもいます。
会社によっては、キャッチコピーのライティングだけではなく、通常のライター業務と兼任して仕事を行うこともあります。
キャッチコピーの求人では、コピーを書くだけではなく、多くの人と触れ合います。
グラフィックデザイナーやアートディレクターなどの、デザインに関する人と仕事をすることもありますし、テレビCMの場合は、カメラマンやプロデューサーなどの人とも触れ合います。
出版業界だけではない仕事なので、周りの人とコミュニケーションをとることが求められます。

コピーライターの仕事の流れは、まずクライアントに商品のコンセプト、アピールポイントなどをヒアリングします。
それから、全体の広告案を考えていき、ある程度の方向性が決まったら、コピー制作に取り掛かっていきます。
本があまり売れなくなっている、というのは出版業界からすると、とても大きな痛手です。
それに負けずに、多くの人の目を惹くようなキャッチコピーを考えるのが、コピーライターの仕事です。
1行の文章を書くだけでも、100個以上の案を考えることも少なくありません。

Copyright© 2015 転職や新卒で就職先を探す際に把握しておくべきこととは All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com